2005年1月31日 パリにてB 管理者

ビストロ メラック
Bistrot Melac 42 rue Leon Frot 75011 Paris (予約なし)

パリでのお勧めビストロメラック。管理者がパリにてご飯をたべざるをえないときに行くお店がここ。不幸にも2日滞在であれば2回と毎日のように行きます。安くあげたいのならメイン一皿とパン(恐らくポワラーヌ)とグラスワインで25ユーロ前後。フランスの田舎料理は素朴ながらも美味しく、気取らないお店の雰囲気は楽しく、自分がそこにいる幸せを感じられるお店。
ここのサービスさんたちはわざと音を立ててコルクを抜いてくれます。「音を立ててバッセンするなんてお下品な!」とも最初はびっくりしましたが満席になると至る所から「・・ザワザワ・・きゅ〜ポン!・・ザワザワ・・きゅ〜ポン!」なんとも食欲となにより飲欲が刺激されます。
私も翌日から「音たてバッセン派」となってしまったのです。
(2段階式オープナーで一段目を使い半分抜いておいて2段目を使わず又にはさんで「ポン♪」とすると折れずに音が綺麗に鳴ります。 メラック方式) 日本語もあるサイトはこちら

写真右はオーナー ジャック・メラック氏

 2005年1月31日 パリにてA 管理者

パリの某ワインショップにて

パリのワインショップで敷地面積が広く気分良くワイン探しが出来る店はデパートのワイン売り場以外なかなか少ないですが、ここのワインショップは日本のコンビニを思わせる明るさで非常にすがすがしく何気にお気に入りです。パリ価格のワインを前にして「うへぇ〜高けぇ〜」とブルゴーニュ地元価格と比較しては喜んでいる嫌な性格の管理者。

今回も、素敵な日本人の美人販売員との出会いを期待しつつGO。前回山のようにつまれていたDRCのムルソーより高いオートコートは姿を消しており、ちょっと残念。(もしかしたらセールにて通常のオートコートになっていると期待したのに・・)
で、今回は高すぎるコシュデュリーを発見。「点の場所間違ってないか??」と店員に問うも「ふっ、何をおっしゃりますお客様。」だそうで、何処から仕入れたのやら・・もしかしてマフィアが・・なんてね。(違うエチケットのコシュは私の買った8倍の金額がついていたりしました・・ToT)
日本人美人販売員が居なくがっかりしながらも一本購入、グラムノンキュベメメ2003は納得できる価格でした。

 2005年1月31日 パリにて@ 管理者

「キーストーンはローズラインの下に隠されている。サンシュルピス教会のオベリスクの根もとに。」  (ダビンチコードより)

先週末用事があり、おしっこ臭いパリにて週末を過してしまった管理者です。
用事だけで帰るのは悔しいので密かなマイブーム「ダビンチ・コード」のシリスになるべくサンシュルピス教会に出かけてきました。世界的ベストセラーになったこの本で知ったこの教会なので予備知識は一切無し。教会を見てシリスっぽい写真を撮るために教会に足を踏み込んだのですが、観光客と本当にお祈りをしている人たちの多さにびっくり。合唱団が歌の練習までしており、ちょっぴり恥ずかしい・・・
一通り教会をぐるりと観光し、ローズラインと呼ばれる日時計を見て、皆と一緒にお祈りしたり、合唱団の練習にこっそり加わって歌ってみたり、満喫した後に撮影した写真が右下。

っていうか・・上下巻の小説に含まれる2フレーズを正確に記憶しているわけも無くオベリスクの根もとではなくローズラインを叩いています。だめじゃん・・俺。

次回パリに行ったらルーブルでのジャックソーにエールに挑戦し、係員につまみ出されたいと思います。

 2005年1月26日 管理者

本日ワナデューFTPサーバー復活に伴い、ブルゴーニュ生活も1ヶ月ぶりに再開します♪

 2005年1月24日 管理者

人の個性というのはワインと同じように一人一人違います。蔵まわりをして気づいたことなのですが、自分の好きな生産家というのは、どこか土の香りがする当主だということ。日々触る土にて太くなった指や日々見る畑の刻まれた眼にまた逢えると思うと心も弾みます。

「おやじのシャンベルタン、おふくろのヴォルネイ」 キャッチコピーとしては冴えないかな・・

 2005年1月18日 管理者

Suite a un probleme technique, les fonctions d'administration sont encore indisponibles.
Nous mettons tout en oeuvre pour resoudre au plus vite ce dysfonctionnement.
Nous vous presentons toutes nos excuses pour la gene occasionnee.

本日からは問題なくFTPサーバー使えると思いきや・・・
17日まで不通を告げるメッセージが上記のようなメッセージとすり替わっているではありませんか!

要は「治るまで待て」という事。ToT

今月中の復活はこれで絶望的なのかな・・・
苦情の電話でも入れておきましょ。

 2005年1月17日 管理者

さて、いよいよ明日ワナデューFTPサーバー開通となるわけですが、現在17日00:10分で「淡い期待」を膨らませ繋いでみるも不通。ふん・・・どうせそんなモノさ・・試した己が愚かなり。

最近忙しくパソに付っきりでボーヌの引きこもりと化しているのですが、引きこもっている分電話やFAX、メールの返信は多少早くなります。先日「ブッブッブ・・」と身に覚えの無いFAXが舞い込んできたときの事。「ジャンボンペルシエ(ボーヌの郷土料理、ハムとパセリのゼリーよせ)の請求書数十万円分」がやってきました。宛名はご近所の巨大スーパーで、畑仕事なんかして疲れて帰ってきたら漏れなく「スルー」なのですが、即電話にて対応。お礼のジャンボンペルシエも視野に入れての親切心だったのですが・・・。
担当者「あらそう、ハッハッハ違う所に送っちゃったんだ・・ハッハッハ・・ガチャ」
(野太い粗野な声から推測するに、30代後半の早起きが苦手なデブ仏女)
謝らないフランス風儀礼にはもう慣れたものの、「お電話ありがとうございました」すら無くガチャ切り・・今年の暖冬とは裏腹に私の心には冷たい雪が降ったのでした。以前にも同じような大量請求書FAX数十万円分が大手カシスリキュール屋より2度も貰っていただけに今度は先手を打ったのに・・シクシクです。フランスに来てからジャンボンペルシエは買ったこと無いのですが、このメーカーのソレだけは買うまいと心に誓った2005年幕開けでした。

 2005年1月16日 管理者
いよいよ明後日に迫ったワナデューFTPサーバー復活。なんとか本日までにビーズとシュヴロのサイトの独立に成功。と、勝手に本人は思っていますが、ちささん、かおりさん確認してみてください、よろしくです。
 2005年1月11日 管理者

さてさて、相変わらずWanadooのFTPサーバーは4日以降ウンともスンとも言いませんが、本日のテイスティング会のご報告です。

本日アペラシオンサントネイ、マランジュの合同試飲会が行われました。アペラシオンマランジュのこのようなプロフェッショナル限定試飲会は去年2004年より行われていたそうでうですが、今回のアペラシオンサントネイとの合同試飲会は初。記念すべき第1回に参加でき大満足となりました。

ユーロ高の煽りを受けアメリカ、日本をはじめとするユーロ圏外主要輸入国の買い控えから輸出ワインが伸び悩むフランスですが、マイペースなブルゴーニュの蔵にまでチラホラその影を感じます。そんな今だからこそ有名なアペラシオンヴォーヌロマネ等の試飲会にはない新鮮さ、情熱をストレートに買い手に伝える熱い眼差しが多く第1回目とは思えないほどの盛況ぶりでした。

下の写真は毎度お世話になっているマランジュのドメーヌシュヴロの女将かおりさん。マランジュ、サントネイに疎い私と共に楽しく旦那様のパブロお勧めの蔵をチェックしたのですが・・
「これ。旦那置いて何してるんだ!」「私も混ぜてくれ」等と周りのおじ様たちから彼女はモテモテ。私はスルーされつつも「あ、お前こないだバー、ブーデュモンドで飲んでたね」と突然の発言権にあたふたしつつ、この試飲会で多くの蔵を始めて知ったのでした。

かおりちゃん、今日はどうもありがとう♪

 2005年1月7日 管理者

一応超マイナーチェンジながらもリニューアルできたのでアップするべと思ったのが4日、「ん?ワナデューFTPサーバーにつながらない・・・珍しいねえ・・ま、明日になれば繋がるでしょ。。」と思いつつも次の日も、次の日も繋がらない。「何か変だ。。」まさかフランス版日本テレコムの通信部門が数日もダウンするなんて状況は頭をよぎらず、年末にやっと入れたSP2をアンインストールしてみたり、複数のFTP接続ソフトを試してみたりするも駄目。とうとう、無い語学力を振り絞って「ワナデューのサポセンにTELすんべ。。ToT」とサイトから連絡先を調べようとした所・・「4日から17日までFTPサーバー接続不可能」。うそーん・・・

ということで、こちらの無料レンタルサーバーにてこっそり更新して行きたいとと思います。
CGI使用不可なので、カウンターは撤去しました。掲示板も2005年より借りていたレンタル掲示板が閉鎖したために撤去しました。ご要望が多ければ他の所からまた探してきます。ということで、ご意見有りましたらちささん、かおりん、&皆様メールにてよろしくです。

17日に無事にワナデューに戻れることを祈るばかりです。
無料スペースということで、見苦しい広告はありますが、勘弁してやってください。「ワナデュー金返せ〜!?」

でも、殆ど見に来る人はいないと思われるので、しばらくは好きに行きますね。
さて今日はハッピーアワーだ!ルンルンルン♪

 2005年1月4日 管理者

新年明けましておめでとうございます

ここ数日サイトを閉鎖しておりましたが、リニューアルというよりもシモンビーズサイトを独立して製作する方に手間がかかり以前となんら変化の無い外見かと思われます。ぼちぼち目新しいものを製作していけたらと思っておりますので、どうか長い目でみてやってください。
千砂さんを始め、現在ボーヌ近辺で生活する日本人人口は100人を超え学生さんだけでなく職業や家庭をもっている方も多くおられます、その方々の蔵、レストラン等にも益をもたらすサイトとなればとあつかましくも思っております。
2005年もブルゴーニュ生活をよろしくお願いいたします。

メールはこちら bourgogne-seikatsu@wanadoo.fr